医療機器、健康関係機器、製造・開発メーカー株式会社ピーテック
動脈硬化とは レンタル
血管年齢測定システム「メディカルアナライザー」
【動脈硬化とは】
動脈は本来、圧力の高い血流を受けており、弾力性のあるものです。ところが、動脈の内膜にコレステロールやカルシウムが沈着したり、動脈壁の筋肉中に弾力のない線維が増えたりすると、硬くなったり、壁が厚くなったりします。これが動脈硬化です。
動脈硬化で血管内膜が厚くなり内径が狭くなると、血液の流れが悪くなり、脳や心臓など、いろいろな臓器の働きが悪くなります。動脈硬化は、体中のどの動脈でも起こりますが、特に起こりやすいのは、脳動脈、頸動脈、冠状動脈、腎動脈、大腿動脈などです。これらの部位に発生する動脈硬化が脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気につながることも少なくありません。
「人は動脈とともに老いる」とも言われており、血管の健康が私たちの健康を左右します。
動脈硬化症には、粥状硬化症、中膜硬化症、細動脈硬化症の3つの種類があります。
1) 粥状(アテローム)硬化症
血管の内膜に、糖尿病・高血圧・喫煙などにより傷害を受けると、ここにLDLコレステロールが入り込みます。LDLコレステロールは活性酸素の働きで酸化LDLとなります。これをマクロファージが取り込み泡沫細胞に変わります。さらに粥状(じゅくじょう)の塊になるとアテローム(黄色い盛り上がり)と呼ばれます。これが肥厚してかたくなり血管を狭くします。このアテローム形成が進行すると、アテロームの表面に血栓(けっせん)が付着し、動脈の硬化はいちだんと進行します。この粥状硬化は、大動脈、頸動脈、冠状動脈、脳動脈でよく起こります。
2) 中膜硬化症
動脈の壁は、外膜、中膜、内膜の3層から出来ており、その中央の層である中膜にカルシウムが沈着して起こる動脈硬化症です。上腕動脈によく起こります。
3) 細動脈硬化症
腎臓や脳にある、ごく細い動脈が硬化し、血管内が狭くなってしまうものです。これはコレステロールが貯まるのでは無く、血管壁が高血圧により肥厚し、弾力性が失われるものです。
動脈硬化はなぜ起こるのか】
コレステロールは一方で、細胞膜をつくり、ホルモンの原料にもなる重要な栄養素です。したがって、細胞はコレステロールを効率よく取り込むメカニズムをそなえています。
そのコレステロールが血管壁に沈着すると、他の成分や細胞が集積して壁が肥厚してきます。おかゆのようなドロドロの状態になり、これを粥状硬化と呼んでいます。粥状硬化の状態になれば、血管壁が厚くなり内径が狭くなると同時に傷つきやすくなります。さらにその傷を修復しようと血小板が集まり、固まって血栓ができます。
こうなると悪循環で、血管は一層狭くなり、血液を十分供給できなくなって、先にあげた症状を引き起こします。
動脈硬化の症状
動脈硬化はどこの血管にも出現しますが、最初のうちは明かな症状はあらわれませんし、発作が起こるまで無症状の場合もあります。ただし、放置して進行するにつれていろいろな自覚症状が出てきます。
1) 脳動脈の硬化
初期の症状は、めまい、立ちくらみ、耳鳴りなどです。過労、興奮、ストレスなどによって起こりやすくなります。記憶力が悪くなったり、おだやかな性格の人が急に怒りっぽくなったり、表情が変わったりすることもあります。脳動脈硬化は、一過性脳虚血、脳梗塞、脳出血、脳血管性痴呆などを引き起こす可能性ががあります。最近は欧米型の食生活の影響で脳出血よりも脳梗塞が増えており、若い年代にも発症するようになってきました。
2) 冠状動脈の硬化
心臓を取り巻く冠状動脈は、心筋に酸素や栄養を運ぶ役目をしています。この動脈にコレステロール沈着が起きて動脈硬化になると、心臓の機能が低下します。一過性のトラブルは狭心症であり、血管がつまって筋肉の壊死が起こると心筋梗塞となります。その他、心不全、不整脈などに関係する場合があります。
3) 腎動脈の硬化
腎臓の動脈硬化が進むと、腎機能に障害が起きます。腎細動脈が硬化すると腎不全、尿毒症をきたします。
4) 下肢の動脈の硬化
足の大腿動脈などに動脈硬化が起こると、閉塞性動脈硬化症と言う病気になります。これは歩行中にふくらはぎや足の先が痛んだりするもので、下肢に血が通わなくなるために起こる症状です。進行すると足先が腐ってしまう事もあります。
5) 眼底動脈の硬化
眼底に出血すると、視野の一部が欠ける場合があります。
動脈硬化の原因
動脈硬化症の原因は、十分に解明されていませんが、遺伝的な体質に生活習慣がかかわって起こると考えられています。血管の老化現象ともいわれ、何年もかけて進行していきます。40歳以上の人のほとんどに、多かれ少なかれ動脈硬化がみられます。 動脈硬化を促進する主な危険因子としては、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満、高尿酸血症、ストレス、過度の飲酒、運動不足などが挙げられています。なかでも、高血圧、高脂血症、喫煙は、組み合わさると相乗効果によって動脈硬化を加速度的に進行させます。
動脈硬化の予防】
動脈硬化は10歳程度の子供の時期から始まっています。出来るだけ若いうちから、予防に取り組むことが大切です。
予防法としては食生活の改善・禁煙・運動習慣・体重管理・ストレス対策などの他に、危険因子となっている高血圧や高脂血症、糖尿病などの病気にならないように注意する事です。
1) 食生活上の注意
・食塩を取り過ぎない
・食べ過ぎない
エネルギーのとりすぎは動脈硬化だけでなく、ほかの生活習慣病の誘因にもなります。標準体重を維持できる量が適正な
摂取エネルギー量といえるので、摂取量を抑え、肥満を解消します。
・脂肪のとり方は、多すぎても少なすぎても駄目で、総摂取エネルギーの20〜25%までにするのが望ましい。
・動物性脂肪は少なめにする。
動物性脂肪(バターなどの乳脂肪や獣鳥肉の脂質)には動脈硬化を促進する飽和脂肪酸が多く含まれていますが、植物油
や魚の脂質には、動脈硬化を予防する効果がある多価不飽和脂肪酸が多く含まれています。それぞれバランスよく摂取され
なければならない脂肪ですが、その割合は、動物性脂肪1に対して、植物油と魚油1.5〜2が理想的です。
・コレステロールの多い食品は控える。
コレステロールが多いと動脈硬化の原因となりますが、少なすぎてもいけません。コレステロールが少なすぎると血管の壁
がもろくなり破れやすくなります。脳出血の原因はこれと高血圧によるものが多いようです。
・穀類、野菜類、海草類などで繊維を十分にとる。
食物繊維には、余分なコレステロールを吸着し、体外に排泄(はいせつ)する働きがあります。
・良質のたんぱく質(肉、魚、大豆製品)をとる。
・血管を保護する成分を多く含む食品を摂る。
ニンニク・タマネギ・辛子・緑茶・シイタケ・サケ・イワシ・亜麻仁が良いと言われています。
・甘い物は控えめにする。
砂糖や果物に多い果糖のとりすぎは、中性脂肪を増加させます。
・規則正しい食事をする。
・酒は適量にする。
適量の飲酒はHDLコレステロールを増やすことが分かっています。1日に、ビールなら中びん1本、日本酒で1合、ウイスキ
ーはダブル1杯程度適量です。週に1〜2回は禁酒します。
・塩素の入った水を飲まない 。
塩素には強力な酸化作用があります。水道の水は浄水器を通してから飲みましょう。
2) 生活上の注意(運動習慣)
・体重コントロール、血圧是正、ストレス解消をかねて、適度な運動を習慣にしましょう。
・運動は脂肪が燃焼される有酸素運動を中心とし、できるだけ持続させて30分以上続けるのが理想的です。
・持続的な運動は血管の柔軟性を保つのに役立つと言われています。
・喫煙は厳禁です。
3) ストレス対策
動脈硬化を促進させる危険因子には、ストレスも含まれます。 過剰なストレスにより交感神経が興奮すると血小板機能が活性化し、血小板が動脈壁に粘着したり凝集しやすくさせるため、動脈硬化が進みます。 疲労が蓄積する前に、自分にあったストレス解消法を見つけましょう。
動脈硬化とは レンタル
※products【その他の製品】
[画像管理ソフトVisual Information System]
使いやすさ抜群のソフト。
詳細はこちら[クリック]
免責事項利用事項個人情報について法律に基く表示